「かん虫って何なの?」と思っておられるお母さんも多いです。
疳虫は俗に「かんが高い」とか「かんが強い」といわれるもので、お子さまが以上に興奮しやすくなっている状態、いわゆる一種の小児神経症のことです。
 
 
不機嫌、いらだち、ちょっとした物音に驚く、異常に興奮したり、なかなか眠らない、寝ているときでも薄目を開けている、キーキーと甲高い声をあげ、行動が粗暴、夜泣き、必要以上に泣くといった症状があります。
 
 
疳虫は上記の神経症状だけではなく、外見上にもあらわれる場合もあります。顔色が青白くなったり、目つきが鋭いくなる。眉間や左右の目の間とか、額、こめかみや頬っぺたなどに青筋が浮かぶ。まぶたのただれ、小鼻や鼻の下が発赤したり荒れるなど。
 
 
その他、異味症といって、昔は壁土やふすまだったらしいのですが、何でも口に入れるような症状だったり、爪を噛む、指しゃぶり、身体の掻きむしりや、自分の毛髪を抜くなどの行為も疳虫の症状です。
 
 
遺伝的に神経質な性格だったり、第2子以降、つまり弟や妹ができると、疳虫になりやすいです。
 

さわがしい環境も原因のひとつですが、それは周囲の人たちの影響もあって、他の子供の疳虫症状やグズるのを見たり、お母さんやお父さんのヒステリックな叱り方あるいは周囲の人による極度の可愛がり方なども原因のひとつです。


また、近隣のさわがしさだけでなく、ご家庭のテレビやステレオの臨場感のあるサラウンドの音響とか、バイオレンス、ヒステリックな内容の番組や映画なども、多感なお子さまにとっては大きなストレスになります。
 
 
そもそも乳幼児期における精神と身体の急速な発育で、自律神経もアンバランスなうえに、意思をうまく伝達できないもどかしさもありますから、子どもは子どもなりに、けっこう大変なんですよ。
 
 
あと大事なのは、やはりお母さんやお父さんのイライラが、そっくりお子さまに反映されてしまうケース。やみくもに怒鳴ったり、お子さまの前で舌打ちとか、癖を見せてしまうと、確実に真似します。
 
 
小児針はそんなお子さまのストレスを緩和させて、リラックスさせる手技ですが、やはりお子さまの生活環境も改善してあげる必要もあります。当院では親子セットと称して、お子さまとお母さんの両方にリラックスしていただけるメニューもありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
 
 
吉本鍼灸治療院は小児針に力を入れています。力
安心してお越し下さい。

 

Comment





   

メニュー

記事

コメント

  • 骨盤整体の体験談
    mayumi
  • 背骨矯正の体験談
    mayumi
  • おねしょ改善プログラム
    院長
  • おねしょ改善プログラム
    Rei

施術者

リンク

アーカイブ

検索

携帯版

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM