小児針は、鍼灸の古典文献に記述がなく、いつごろに創始されたのかは謎です。


日本国内の文献では、江戸時代中期1763年に大阪四ツ橋の小児針の名家によって書かれた「鍼法弁惑」の中に述べられており、その後、小児針は大阪を中心として発展、200年以上の伝統を維持しています。地名になっているほどの名家もあれば、兎鍼、亀鍼という愛称で親しまれている名家もあり、堺も小児針の盛んなところです。


先人の努力に敬意を表しつつ、ブログという新しい媒体を通じて、僕も小児針を次世代に継承していきたいと思っています。

Comment





   

メニュー

記事

コメント

  • 骨盤整体の体験談
    mayumi
  • 背骨矯正の体験談
    mayumi
  • おねしょ改善プログラム
    院長
  • おねしょ改善プログラム
    Rei

施術者

リンク

アーカイブ

検索

携帯版

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM