一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

小児神経症、いわゆる「かんむし」や「夜泣き」などで、
小児針に来られるお母さんとお話していると、
(問診といっても、お子さまとは話せないので、
おもにお母さん相手の問診になります) 
けっこう共通点が多いんです。
 
その 環境の変化 
幼稚園や保育所に行くようになったとか、弟や妹ができたとか、
引越しをした、片親と離れることになった、
そういった環境の変化が、小さな心に不安をもたらしているケース。
 
 
その 刺激 
騒がしいところに行った、大勢の人と関わった、
賑やかな人と接した、
衝撃的なものを見た(テレビや映画を含む)など。
よくあるのが、おばあちゃんやおばさんのオクターブの高い声、
「キャア、〇〇ちゃん、大きくなったわね〜!」とか、
テレビ画面の中のヒステリックな芸能人や映像の影響。
 
その
上のふたつは、もう慣れるしかないんですけどね、
そのに関しては、お母さん(あるいはお父さん)に直接関わることです。
怒りすぎ
疲れが溜まりすぎ
子供に負けすぎ
 
お母さん、何かと大変でしょうが、
お子さまに向けて、たえず眉間に皺の入った表情をみせていませんか?
悪循環なんです。
「イソップ童話」の「北風と太陽」じゃないけど、
強く怒るとか、教育的指導ではなく
単に「不快感」をお子さまに向けると
小さな子供の心は、お母さんが思っている以上に、
きゅーっと締め付けられるんです。
 
あるいは、お子さまといるとき、
舌打ちとか、イラ〜っとしている姿をみせていませんか?
お子さまの前で、夫婦げんかしていませんか?
お子さまはどんどん不安になるんです。
あなたのイラつきやストレスを一番心配してくれているのは、
血を分けたあなたの小さなお子さまなんです。
 
もうひとつ、子供の交渉術に負けているケース。
泣いたりグズったりしたら、
仕方がないな」とお子さまの要求に応えていませんか?
お子さまとのコミニケーションの取り方は、
ムツゴロウさんではいけないんです。
ムツゴロウさんは動物と接するとき、自分も動物になるでしょ。
お子さまとの関わり方は、あくまで「親」と「子」なんです。
「親」とか「大人」という立場を忘れずにいてください。
 
僕が「なんだかなー?」と思うお母さんのセリフに、
子供と相談して・・・」というのがあります。
一見、物わかりのいい親の常套句のようですが、
見方を変えれば、なんて無責任なコトバなんだろうと思うんですよね。
大人は大人の責任として、
諭してあげなければならないんです。
 
お子さまと「友達みたいな関係」は理想的だと思うんですけど、
それはお子さまが自分で物を考えられる年頃になってからにしてください。
手前味噌で恐縮ですが、
僕は今、21歳の息子とロックバンドを組んでいます。
息子が小さい頃は「星一徹」や「磯野波平」のような親でしたが、
息子が大きくなって「バカボンパパ」になりました。
父親は特にそうあるべきだと思いますね。
 
Re:La-Clefでは、
小児針とお母さんのリラクゼーションを行っています。
小児針を行ったあと、お母さんに30分間のリラクゼーションマッサージ。
オプションで出産後の骨盤矯正や、体質変化の改善も行っております。

小児針+お母さんのリラクゼーション 
3,500円(リ:ラクレ会員3,000円)
 
たとえば土日や祝日、ご主人がお休みの日に、
お母さんとお子さまは上記のメニュー、
ご主人もリラクゼーションマッサージなんて、
いい休日の過ごし方だと思いませんか?
完全予約制ですので、他のお客さまへのお気遣いもなく、
極上のリラクゼーションをお受けいただけますよ。


URL http://www.jin.ne.jp/tomi/
モバイル http://www.jin.ne.jp/tomi/mobile.html
 
E-mail tomi89@yahoo.co.jp
 
 

  • -
  • 10:22
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

メニュー

記事

コメント

  • 骨盤整体の体験談
    mayumi
  • 背骨矯正の体験談
    mayumi
  • おねしょ改善プログラム
    院長
  • おねしょ改善プログラム
    Rei

施術者

リンク

アーカイブ

検索

携帯版

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM